« ダンドク | トップページ

アカバナユウゲショウ

アカバナユウゲショウ Oenothera rosea L'He'r. ex Aiton 別名 ユウゲショウ アカバナ科*
小笠原方言;-

Yugeshof
写真1 アカバナユウゲショウ Oenothera rosea
父島大神山公園、清瀬トンネル入口(信号前)

・多年草、20-60cm高,桃色小花,早朝開花と思われ,夕方・夜間に開花せず,15時過ぎに萎むが半開のまま色変わりせず、翌日も着いている。「開花 未明4-5時、夕方6-8時閉」*2タイプで、「夜咲系」*3ではない。「根は直根。葉は根生葉と茎につく葉からなる。」*4、茎につく葉は小さく細いものが多い。「主根はなく、ひげ根をもつ」*5ではない。群生。図鑑等の記述も一様でなく、マツヨイグサ属の他種かもしれないが、アカバナユウゲショウとする。

Yugeshol
写真2 アカバナユウゲショウ Oenothera rosea 萎んだ花と根生葉 同

・原産地;米大陸原産*6,北アメリカ*5,北米南部原産*7,南アメリカ原産*4,熱帯アメリカ原産*8とある。

・導入時期;日本本土には、明治年間より鑑賞用に栽培されたという*5。小笠原諸島には、近年と思われる。

・導入目的;本土では観賞用*5。小笠原諸島には非意図的導入。

・野生化;関東以西に帰化、沖縄には戦後に帰化*4。小笠原諸島には本土からの工事用資材(砂、砂利)に混じってきた可能性が大きい。同属のコマツヨイグサ(Oenothera laciniata)*9,10と同じ経路と推定される。

・繁殖地;今のところ、父島清瀬トンネル入口(信号前)両側に群生しているのが確認されている、数千個体あるか。ここは都立大神山公園の緑地で、ブラシノキ(Callistemon rigidus?)等が植栽されている。数年前改修工事があった。又、陸揚げされた砂利・砂を運搬するダンプカーからこぼれたものの掃き溜めにもなっている。

・侵略性;同属のヒルザキツキミソウ(Oenothera speciosa)*11が栽培され、かつ父島・扇浦で野生化している。同じく同属のコマツヨイグサが父島、母島の工事用砂置場付近から見つかり、その後、父島では公園、運動場、道路沿い、東平サンクチュアリ付近にもよく見られる。又、南島では、シンクリノイガ(Cenchrus echinatus)*12等の駆除後、コマツヨイグサが爆発的に増えた。その駆除作業に私も従事したが、ロゼットを固まった砂から剥ぐ作業は大変だった。拡散し父島属島にも侵入する前に、見つかった群落を速やかに駆除することが世界自然遺産小笠原諸島の価値を維持するため必要と思われる。

Yugeshoa
写真3 アカバナユウゲショウ Oenothera rosea 純群落  同

* 米倉浩司・梶田忠(2003-)BG Plants 和名-学名インデックス(YList),(2017年4月26日)
 http://ylist.info
*2 植村修二ら編著(2010)日本帰化植物写真図鑑第2巻
*3 横浜植物会編(2003)横浜の植物
*4 竹松哲夫・一前宣正(1993)世界の雑草2-離弁花類-
*5 清水建美編(2003)日本の帰化植物 平凡社
*6 長田武正(1972)日本帰化植物図鑑
*7 初島住彦(1990)琉球植物誌(追加訂正版)訂正増刷
*8 廣田伸七(2013)ミニ山野草図鑑ー離弁花編
*9 コマツヨイグサ改訂: 小笠原諸島の外来植物
  http://boninintroplant.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-c5be.html
*10 「4cm以上の大きな花をつけるものをオオバナコマツヨイグサと呼びます。」
 …(1985)江東区の野草3刷(1984初版)
*11 * ヒルザキツキミソウ: 小笠原諸島の外来植物
    http://boninintroplant.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-590d.html
*12 クリノイガ: 小笠原諸島の外来植物
  http://boninintroplant.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-5a8e.html

Jaribune
写真4  工事用資材(砂、砂利)の陸揚げ 父島二見港
   Unloaded Sand and Gravel  on Futami Harbour in Chichijima

|

« ダンドク | トップページ

非意図的導入種」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522601/65251949

この記事へのトラックバック一覧です: アカバナユウゲショウ:

« ダンドク | トップページ