« ムラサキカタバミ | トップページ | アカバナユウゲショウ »

ダンドク

ダンドク Canna indica L. アカバナダンドク カンナ科*

Dandokufl2016
写真1 ダンドク Canna indica

小笠原方言;-
・多年草、1-2m高,赤花,よく結実する。
・原産地;熱帯アメリカ*2と,インド・マレー諸島*3に見解が二分される。
・導入時期;1879(明治12)年輸入*4。
・導入目的;観賞用。日本には江戸時代*2, 具体的には1664,1699年*5,1700年頃*6,1770年*7, 1828年*5, 1850年頃*8とばらつきが甚だしいが園芸用に導入。
・野生化;大正初期父島に「所々ニ野性的状態ニ存在ス」*4という状態で、1920~30年弟島、母島採集標本がある*9。小笠原諸島返還(1968)後,再導入されたものが拡散していると思われる。

Dandokuf2016
写真2 ダンドク Canna indica

・繁殖地;父島のみ*10。父島、母島、弟島*11,12。
・侵略性;種子で増えるが元の株付近に限られる筈である。父島東町Bしっぷ裏の植栽株は日当たりが強い故か成長がよくないので本種は安心と思われた。しかし、父島長谷[ながたに]農地から都道下の沢に種子が転がり野生化しているので、世界自然遺産登録前(~2011)道路管理者とともに駆除した。ここ1-2年、都立大神山公園、道路側溝等から急に成長し開花が目立った。株、種子の入った土の移動、草刈に使われる刈払機への種子付着使用先での拡散などの人為的要因と考えられる。赤い綺麗な花は愛好家に好まれやすい。要監視種である。

Dandokupark2016
写真3 ダンドク Canna indica 父島大神山公園

* 米倉浩司・梶田忠((2003-)BG Plants 和名-学名インデックス(YList),
 http://ylist.info
 (2016年10月08日)
*2 清水建美編(2003)日本の帰化植物 平凡社
*3 熱帯植物研究会(1984)熱帯植物要覧,大日本山林会
*4 川手文(1911-15)小笠原陸産物誌植物編,東京都公文書館蔵
*5 磯野直秀(2012)日本博物誌総合年表,平凡社
*6 太刀掛優・中村慎吾編(2007)改訂増補帰化植物便覧
*7 植村修二ら編著(2015)増補改訂日本帰化植物写真図鑑第2巻
*8 日本生態学会編(2002)外来種ハンドブック
*9 東京大学総合研究博物館(2011)海洋島植物標本データベース
    標本番号 6268,6269,6590,6591
   http://umdb.um.u-tokyo.ac.jp/
*10 豊田武司(2014)小笠原諸島固有植物ガイド
*11 長島忠義・和田美保(2009.3.19)小笠原植物誌
 http://www.ogasawara-syokubutusi.com/index.htm
*12 (社法)日本林業技術協会(2004)平成15年度小笠原地域自然再生推進計画調査(その1)
Dandokuroadside2016
写真4 ダンドク Canna indica 父島道路脇





|

« ムラサキカタバミ | トップページ | アカバナユウゲショウ »

栽培逸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522601/64484143

この記事へのトラックバック一覧です: ダンドク:

« ムラサキカタバミ | トップページ | アカバナユウゲショウ »