« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

アメリカシャガ

アメリカシャガ(Neomarica northiana) アヤメ科*

Ameshaga20130125  ブラジル原産*。シャガ(Iris japonica)はアヤメ属だが、本種はネオマリカ(アメリカシャガ)属である*2。インターネットで本種を検索すると本土の植物園*3などで撮影したものが見られる。小笠原諸島では父島旧大根山墓地で植栽後逸出、東京都小笠原支庁のブロック積み植樹帯で生育(何故あるのか未詳)、清瀬職員住宅にも栽培放棄?の状態が見られた。母島では沖村、評議平で植栽されていた。東京都小笠原支庁に生育しているものを同庁自然公園関係者に調べていただき種名が分かった。導入は比較的近年であろう。
 本種の花は一日花ではあるが、大きく目立ち好まれると思われる。本種は根茎を伸ばし生育範囲を広げるとともに葉に子を付け、それが葉枯れなどで地面につくと成長する。子を生葉から採り鉢植したままにしておいたところ成長し開花した。リュウゼツラン(Agave sp.)*4は開花後枯死するが沢山の子が周囲に落ちて生育し群落を形成継続している。同様の子を付ける本種は今後の動向を観察する要注意種と思われる。

Ameshaga20120323
写真上は花(東京都小笠原支庁)
写真中は花と葉(旧大根山墓地)
写真下は全体像(同上)

* E.J.H. CORNER・渡辺清彦(1969)図説熱帯植物集成
*2 大場秀章編著(2009)植物分類表,アボック社
*3 新宿御苑「温室保有植物一覧」にある。
  www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/topics/img/130212b-1.pdf
*4 アオノリュウゼツラン
http://boninintroplant.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-cf7e.html

Ameshaga20120323_02




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »