« シンテッポウユリ | トップページ | ダイサンチク(インドチク) »

カリッサ

カリッサ Carissa carandas* キョウチクトウ科*

20120813carrisa
・インド原産、低木、刺あり、花は白く筒部淡紅、果は赤半班*。小笠原高校が奥村後方にあった頃、谷の対岸に目立つ赤い実の名を当時の高校生物教諭(現NPO理事長)に教わった。その後、その谷の右岸尾根に電信山遊歩道が作られたが気付かず、2012-08の山火事跡に生えていた。導入後野生化したものと思われる。
・最近栽培されているものはオオバナカリッサ Carissa macrocarpa[=C.grandiflora],アフリカ南部原産*2 とされている。導入時期は豊島は、「カリッサ Carissa acuminata,オオバナカリッサ Carissa grandiflora」*3をともに挙げている。最近栽培のものは再導入であろう。
・どちらも低木で緑の葉が濃く花が白く実が赤く目立つ。後者は花好きの人に好まれ栽培されている。両者とも乾燥に強いので、乾性低木林に侵入しやすい要監視外来種の一。

写真上はカリッサ(父島・電信山遊歩道山火事跡)

Ohbanacarissa20090613写真下はオオバナカリッサ(父島・宮之浜道)

* ・E.J.H. CORNER・渡辺清彦(1969)図説熱帯植物集成
*2 八丈島園芸植物図書編集委員会(2003)八丈島の園芸植物
*3 豊島恕清(1938)小笠原島の植生並熱帯有用植物に就て 農林省林業試験場

|

« シンテッポウユリ | トップページ | ダイサンチク(インドチク) »

導入後放棄・野生化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カリッサ:

« シンテッポウユリ | トップページ | ダイサンチク(インドチク) »