« 転載:雑草の会 2011-2月の報告 | トップページ | 転載:小笠原野生生物研究会「雑草の会」3-1報告 »

ソウシジュ

ソウシジュ(相思樹)、ホタルノキ Acacia confusa マメ科*

Sousiju フィリピン原産、常緑の高木。黄色い球状の花が咲き、それを蛍の発光に見立てた別称であろう。
 1902(明治35)年台湾から種子を導入、父島・清瀬苗圃で育苗し野生化を目的とし、母島・沖村、船木山に植栽され*2、弟島にも植栽された*3。土壌の深いやや湿った場所を好み、「父島のコーヒー山、南崎などに天然生の稚樹が発生しはじめている。」*3,4 。躑躅山[つつじやま]東側でも野生化している。元清瀬苗圃(現森林総合研究所試験地)周辺の職員住宅や都道行文線[ぎょうぶんせん]法面に広がり生育しているのが目立つ。侵略性のある外来種で、要監視種である。
* 太刀掛優・中村慎吾編(2007)改訂増補帰化植物便覧
*2 川手文(1911-15)小笠原陸産物誌植物編
*3 豊田武司編著(2003)小笠原植物図譜増補改訂版
*4 豊田武司編著(1981)小笠原植物図譜初版

|

« 転載:雑草の会 2011-2月の報告 | トップページ | 転載:小笠原野生生物研究会「雑草の会」3-1報告 »

導入」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522601/53855215

この記事へのトラックバック一覧です: ソウシジュ:

« 転載:雑草の会 2011-2月の報告 | トップページ | 転載:小笠原野生生物研究会「雑草の会」3-1報告 »