« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

リュウキュウマツ

リュウキュウマツ(琉球松) Pinus luchuensis  島名マツ マツ科

Matu  低ー高木、明治中、後期、大正期と何度も琉球から用材として導入され、裸地への植栽が積極的に官により行われた。「発育が旺盛で、生長の速いことは他の松の及ぶところではない」*本種は当地でもその性質を発揮し、1945年敗戦後無人化した島々で畑や岩石地に広がった。1970年代に松枯れによる一斉枯死が母島・父島で起こり生態系への影響が無いとされたが、グリーンアノール(アノールトカゲ)が松枯れ原因のマツノマダラカミキリをも食害し、その後育ってきたマツが枯死せず繁茂している。枯松はイエシロアリの爆発的拡大の好条件を作ったと思われ、生態系への影響大である。琉球でも「シロアリの害にかかりやすいので建築材として利用されることはまれである」*2という。風散布の本種は乾燥にも台風による塩害・風害にも強いパイオニア種で、横枝張、樹下の被陰、落葉層の形成によりムニンフトモモ等の自生種の衰退があり、地上・土壌生物相にも影響を与えていると思われる。他の侵略的外来種を駆除した跡に侵入して自生種の生育を妨げるので、アカギやモクマオウなどの排除と同時進行する必要がある。沖縄県では「県木」*3とされているが、小笠原諸島では厄介な侵略的外来種である*4。

Matueda 写真はマツの落葉(モクマオウも混ざっている)
* 城間朝教(1977)沖縄の自然 植物誌 新星図書
*2 初島住彦・中島邦雄(1979)琉球の植物 講談社
*3 松田 修(1969)県花県木 保育社
*4 延島冬生(2010)小笠原諸島に侵入している外来植物の現状 植調44-1 (財)日本植物調節剤研究協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転載:2010-9-1 雑草の会報告

《2010-9-1 雑草の会報告》
 父島、母島などの生ものも写真も沢山、植物園の方も加わり盛況でした。(掲載順不同)
外来草本・シダ12種
 ・シマスズメノヒエ(穂)[イネ科]夜明山
 ・タチスズメノヒエ(穂)[イネ科]夜明山
 ・シマニシキソウ(花)[トウダイグサ科]小曲
 ・イリオモテニシキソウ(実)[トウダイグサ科]小曲、長谷
 ・ハイニシキソウ(実)[トウダイグサ科]小曲、長谷
 ・セイタカニシキソウ(実)[セイタカオオニシキソウ、トウダイグサ科]長谷
 ・チチコグサモドキ(花)[キク科]中央山南
 ・スターアマミ(花)[?科]母島、栽培食用、新規
 ・オムナグサ[ナデシコ科]小曲
 ・コゴメミズ[イラクサ科]小曲
 ・ローレルカズラ(花)[キツネノマゴ科](写真)
 ・ホナガソウ(白花)[クマツヅラ科](写真)

外来木本4種
 ・クフェア[メキシコハナヤナギ、ミソハギ科]栽培(写真)
 ・オウゴンガジュマル[クワ科]大根山墓地公園、栽培
 ・ガジュマル(実)[クワ科]大根山墓地公園、栽培
 ・キダチチョウセンアサガオ[ナス科](写真)

自生草本・シダ6種
 ・ハマサオトメカズラ(花)[アカネ科]長谷
 ・スベリヒユ[ブタクサ、スベリヒユ科]小曲
 ・シロガネカラクサ(花)[アサガオカラクサ=ヒルガオ科]母島列島姉島
 ・シマクマタケラン[ショウガ科]母島
 ・ムニンヒメワラビ[ヒメシダ科]母島
 ・ゼニゴケシダ[コケシノブ科]母島

自生木本4種
 ・ムニンクロキ[ハイノキ科]母島列島・向島
 ・トキワイヌビワ(実)[クワ科]清瀬
 ・オオトキワイヌビワ(実)[クワ科]宮之浜道
 ・ワダンノキ[キク科]母島

自生コケ0種
 ・無

自生地衣類0種
 ・無

◎訂正
 ・ハメリカハマグルマ(幼樹)[キク科]小曲(8月)→アメリカハマグルマ(幼樹)[キク科]小曲

注1 [ゴクラクチョウカ科←バショウ科]のように科名に←印のあるのは、大場植物分類表 *による変更。
 * 大場秀章編著(2009)植物分類表 アボック社
注2 今回の参考文献(順不同)
 ・清水矩宏・森田弘彦・廣田伸七編著(2001)日本帰化植物写真図鑑
 ・豊田武司編著(2003)小笠原植物図譜増補改訂版
 ・奥山春季編(1977)平凡社版寺崎日本植物図譜
 ・長田武正(1993)増補日本イネ科植物図譜
 ・八丈島園芸植物図書編集委員会(2003)八丈島の園芸植物
 ・岩槻邦男編著(1992)日本の野生植物シダ
 ・清水建美編(2003)日本の帰化植物
 ・小笠原野生生物研究会(2002)小笠原の植物フィールドガイド
 ・小笠原野生生物研究会(2008)小笠原の植物フィールドガイド2
 ・港区(2010)港区のみどりと生きもの2010
 ・太刀掛優・中村慎吾編(2007)改訂増補帰化植物便覧

以上です。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
小笠原野生生物研究会
meil:yaseiken@globe.ocn.ne.jp
http://www10.ocn.ne.jp/~yaseiken/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »