« 転載:雑草の会 2010-07報告 | トップページ | クリノイガ »

リュウゼツラン

Ryuzeturan アオノリュウゼツラン Agave americana  島名リュウゼツラン、マニラ リュウゼツラン科(→キジカクシ科*)熱帯アメリカ原産、明治初期、繊維採集目的で導入。しかし、成長が遅く換金作物としては不適と分かり放棄され、替わりにサイザルアサAgave sisalana(島名マニラ)を導入したが、これも同じ結果となる。島名マニラはマニラ麻を採る植物の意である。母島に「マニラ坂」という地名がある。アオノリュウゼツランは葉に長く強いトゲを持つことから聟島などで牧場の柵代わりに使われたと言う。昔は、子供たちは枯れた花茎を組んで筏を作り海に浮かべて遊んだともいう。
 多肉質の大型の葉を持つ本種は他の種を寄せ付けず開花後枯死(7年程度~)しても、既にムカゴから成長した個体などからなる群落を作り遷移しない。明るい場所を好み、乾燥に非常に強く、岩場で群落をなし、元々自生していたであろうテンノウメ類、テンツキ類、イネ科などの荒原植生を駆逐している。高く伸ばした花茎に咲く花は蜜が多く、オガサワラオオコウモリが必ずといっていいほど夜、飛んでくる。
種の多様性、生物多様性への影響大の侵略的外来種である。
写真は父島・大神山公園
* 大場秀章編著(2009)植物分類表 アボック社

|

« 転載:雑草の会 2010-07報告 | トップページ | クリノイガ »

導入後放棄・野生化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522601/53855267

この記事へのトラックバック一覧です: リュウゼツラン:

« 転載:雑草の会 2010-07報告 | トップページ | クリノイガ »