« 2010-4-3 雑草の会・場当たり観察会報告(転載) | トップページ | 転載《2010-5-6 雑草の会報告》 »

キバンジロウ

Kibanjiro キバンジロウ(テリハバンジロウ) Psidium cattleianum  島名バンジャクロ、キバンザクロ フトモモ科。アメリカ原産、明治後期食用に導入。1944年太平洋戦争末期、島民の強制疎開により栽培品が野生化するとともに、鳥・オガサワラオオコウモリなどによる種子散布で分布が拡大。また樹下の実生樹がそう生し群落を作り、林内の中低木層を圧迫するだけでなく、樹冠を構成し自生種を排除している。耐陰性、耐乾性、耐塩性もあり、台風にも強い侵略的外来種である。
写真は小群落になっているキバンジロウ

|

« 2010-4-3 雑草の会・場当たり観察会報告(転載) | トップページ | 転載《2010-5-6 雑草の会報告》 »

導入後放棄・野生化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キバンジロウ:

« 2010-4-3 雑草の会・場当たり観察会報告(転載) | トップページ | 転載《2010-5-6 雑草の会報告》 »