« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

キバンジロウ

Kibanjiro キバンジロウ(テリハバンジロウ) Psidium cattleianum  島名バンジャクロ、キバンザクロ フトモモ科。アメリカ原産、明治後期食用に導入。1944年太平洋戦争末期、島民の強制疎開により栽培品が野生化するとともに、鳥・オガサワラオオコウモリなどによる種子散布で分布が拡大。また樹下の実生樹がそう生し群落を作り、林内の中低木層を圧迫するだけでなく、樹冠を構成し自生種を排除している。耐陰性、耐乾性、耐塩性もあり、台風にも強い侵略的外来種である。
写真は小群落になっているキバンジロウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-4-3 雑草の会・場当たり観察会報告(転載)

《2010-4-3 雑草の会・場当たり観察会報告》
 参加者は少ないけど、大村西町の雑草を主に観察&雑草あそびなどしました。1種のものでも幼生、開花、結実の各段階のものが同時に見られ、2時間余の観察は有意義でした。

外来草本・シダ32種
 ・マメグンバイナズナ(実)[アブラナ科]西町
 ・コメツブウマゴヤシ(黄花、実)[マメ科]西町
 ・トゲナシウマゴヤシ(黄花、実)[マメ科]西町
 ・コシナガワハギ(花)[マメ科]西町
 ・オジギソウ[マメ科]西町
 ・コマツヨイグサ(黄花、実)[アカバナ科]西町
 ・オランダミミナグサ(花、実)[ナデシコ科]西町
 ・ツボミオオバコ(ロゼット)(花穂)[タチオオバコ=オオバコ科]西町
 ・ノゲシ(ロゼット)(黄花、種)[ハルノノゲシ=キク科]西町
 ・オニタビラコ(黄花、種)[キク科]西町
 ・オオバナセンダングサ(花、種)[キク科]西町
 ・コトブキギク(花、種)[キク科]西町
 ・ハナイバナ(花)[ムラサキ科]西町
 ・オオコゴメスナビキソウ(花)[ムラサキ科]西町
 ・センニチノゲイトウ(花)[ヒユ科]西町
 ・アカバナルリハコベ(花)[サクラソウ科]西町
 ・ナガバハリフタバムグラ(実)[アカネ科]西町
 ・ヤエムグラSP(実)[アカネ科]西町
 ・シマニシキソウ(花)[トウダイグサ科]西町
 ・ハイニシキソウ[トウダイグサ科]西町
 ・ナガエコミカンソウ(実)[コミカンソウ科←トウダイグサ科]東町
 ・ジュズサンゴ(実)[ヤマゴボウ科]西町
 ・イヌホオズキ(花、実)[ナス科]西町
 ・ケホオズキ(実)[ナス科]西町
 ・アメリカフウロ(花、実)[フウロソウ科]西町
 ・エノキアオイ(実)[アオイ科]西町
 ・ヒメマツバボタン(花)[ケツメグサ=スベリヒユ科]西町
 ・トウワタ(花)[キョウチクトウ科←ガガイモ科]東町
 ・セイロンベンケイ[ベンケイソウ科]西町
 ・ベンケイソウSP(花)[ベンケイソウ科]東町
 ・ムラサキヒゲシバ(穂)[イネ科]西町
 ・フタシベネズミノオ(穂)[イネ科]西町

外来木本3種
 ・シマグワ(実)[クワ科]西町
 ・ヤブツバキ(花、実)[ツバキ科]植栽、小笠原総合事務所
 ・ランタナ(花)[シチヘンゲ、七変化=クマツヅラ科]西町

自生草本・シダ1種
 ・スベリヒユ[ブタクサ=スベリヒユ科]西町
 
自生木本2種
 ・オガサワラグワ[クワ科]弟島種子植栽、小笠原支庁
 ・モンパノキ(蕾、花、実)[ムラサキ科]植栽、西町

自生コケ0種
 ・無

自生地衣類0種
 ・無
注1 [ゴクラクチョウカ科←バショウ科]のように科名に←印のあるのは、大場植物分類表 *による変更。
 * 大場秀章編著(2009)植物分類表 アボック社
注2 今回の参考文献
 ・清水矩宏・森田弘彦・廣田伸七編著(2001)日本帰化植物写真図鑑
 ・奥山春季編(1977)平凡社版寺崎日本植物図譜
 ・佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎・亘理俊次・冨成忠夫(1981)日本の野生植物草本3
 ・豊田武司編著(2003)小笠原植物図譜増補改訂版
 ・桑原義晴(2008)日本イネ科植物図譜
 ・勝山輝男(2004)父島の路傍雑草 東洋のガラパゴス 小笠原-固有生物の魅力とその   危機- 神奈川県立生命の星・地球博物館
 ・太刀掛優・中村慎吾編(2007)改訂増補帰化植物便覧
以上です。

|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »