« 転載:小笠原野生生物研究会・雑草の会_2月のお知らせ | トップページ | 転載:雑草の会 2009-3月のお知らせ »

ガジュマル

19970102 写真は種子発芽のガジュマル(1997年1月亜熱帯農業センター、園芸農家からガジュマルの小鉢を寄贈されたという。)

ガジュマル Ficus microcarpa クワ科 熱帯アジア原産*
 明治期に導入、砂糖製造場や農作業小屋に木陰を作ったり、防風用に植栽された。北村小学校(母島)では卒業記念に垣根として植樹したという。太平洋戦争中はトーチカや壕の偽装にも使われた。戦後放置され各所に巨大なガジュマル樹が繁っている。しかし植栽されたものなどが生育し巨大化しても、種子を稔らせず繁殖することはなく、生態への影響は巨大なガジュマル樹の生育箇所のみに限られていた。返還後の一時期は、大型観葉植物として内地へ出荷もされていた。
 しかし、1990年代後半頃から父島・母島で実生が見られるようになり、今では街中から無人島まで擁壁、道路側溝、建物外壁、木の洞、岩の窪みなど至る所で実生の幼樹が見られ、大きくなっている。村内の園芸農家が琉球より種子発芽のガジュマルの小鉢を導入したことによりガジュマルコバチも入り結実するようになったようである。ガジュマルの実はメジロ、メグロ、ヒヨドリ、アカガシラカラスバトなどの鳥が好んで食べ糞から発芽し、広がっている。樹上で発芽したガジュマルは、気根を垂らし地上に着くと養分を吸い上げ、急速に成長し元の木を樹冠で覆い、幹や枝に気根が絡み付き、ついには枯死させてしまう。絞め殺し植物の一である。アンコールワットでは、遺跡が気根で破壊されているという。小笠原諸島の生態系に重大な脅威を与える侵略的外来種の一であるが、対策はまだ何もとられていない。

Photo 写真はモクマオウに着生したガジュマル(2008年、奥村)
参考:清水善和(2002)小笠原の外来樹木 日本生態学会編 外来種ハンドブック
* 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名?学名インデックス」(YList),http://bean.bio.chiba-u.jp/bgplants/ylist_main.html(2014年5月11日).

|

« 転載:小笠原野生生物研究会・雑草の会_2月のお知らせ | トップページ | 転載:雑草の会 2009-3月のお知らせ »

導入後放棄・野生化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガジュマル:

« 転載:小笠原野生生物研究会・雑草の会_2月のお知らせ | トップページ | 転載:雑草の会 2009-3月のお知らせ »